いざ!という時のiPhone6S以前〜11まで強制再起動まとめ。

iPhone

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

いざ!という時のiPhone6S以前〜11まで強制再起動まとめ。

「iPhoneがフリーズした!

困ったなぁ…」というあなた向けの記事です。

 

この記事を読むと

iPhoneの強制再起動の方法がわかります。

 

全機種を説明します♪

 

私のiPhoneは8なのですが、

新しい方からご説明しますね。

 

困ったときに見てくださいね☺

iPhone8以降はボリューム+押して、ボリュームー押して、スリープボタン長押し。

一応確認です、左側に

ボリュームのプラスボタンとマイナスボタンがありますよね。

右側にスリープボタン。

今回はこちらのボタンを使います。

iPhone

 

さて強制再起動の方法ですが

 

iPhone8以降は

素早くボリュームプラス1回、

ボリュームマイナス1回を押したあと、

スリープボタンを長押し。

です。

 

注意するところは

素早く!

ボリューム、マイナスと押したあと、

スリープボタンを長押しする

ところです。

 

素早くです!サッサッと!

 

うまくいくとすると真っ暗になって

再起動されます。

 

 

iPhone7はボリュームマイナスボタンとスリープボタン長押し

iPhone7はちょっと特殊です。

 

ボリュームマイナスボタンと

スリープボタンの長押しです。

 

この2つのボタン、

ボリュームマイナスボタンとスリープボタンを一緒に長押して

 

じーっと押してると画面が暗くなって

再起動されます。

iPhone6S以前はホームボタン+電源長押しで強制再起動

これが一番馴染みあるかと思います。

下のホームボタンと、上にある電源ボタンを長押しすると再起動です。

 

これは難しいことありませんね♪

以上、iPhoneの強制再起動のまとめでした。

いかがでしょうか?

 

iPhoneがフリーズすると困りますよね^^;

 

そうならないためにも、いざ!

というときに備えて再起動の方法を覚えておきましょう。

朝活!

外出先になるとシャレにならないと思いますので^^;

 

以上!ここまで読んでくれてありがとうございました!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました