iPhoneが遅くなった?そういう時はバッテリー性能をチェック。

iPhone

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

iPhoneが遅くなった?そういう時はバッテリー性能をチェック。

「うわーヤバイ…

iPhoneが遅くなったなぁ、前はこんなに遅くなかったのになぁ

なんで?」

 

と思われている方向けの記事です。

 

結論から言うと、それは

バッテリーの消耗が原因です。

 

iPhoneには長年使って、バッテリーが消耗すると

全体的なiPhoneの動作が遅くなる傾向があります。

 

なのでそうなってしまったらバッテリー交換がオススメ。

 

そういうときは

まずはバッテリー性能のチェックから初めましょう!

バッテリー性能のチェックの仕方。設定→バッテリー性能

バッテリー性能は

設定→バッテリー→バッテリーの状態

から見れます。

 

%表示で、

こんな画面で表示されています。

ぼくのは93%ですね☺️

 

気が付いたら、

たまにチェックするといいですよ♪

 

長年使ってる人は

気がついたら80%下回ってた😂

てこともありますので。

 

本当たまにでいいので見てくださいね。

バッテリー性能は90%下回ったら注意、80%下回ったら交換。

さて、

 

バッテリー性能は90%下回ったら、注意。

80%下回ったら、交換。

です。

 

これはなぜかというと

 

iPhoneはバッテリー性能が落ちると

動作が遅くなるようにできている

 

からです。

 

iPhoneの電池が消耗すると、

勝手に動作のスピードを遅くして、

電池の消耗をしないように出来ているのです。

 

つまり、

 

バッテリー性能が落ちる

と全体的なスピードが落ちます。

 

これは、長期間使っているユーザーならわかるはずです。

 

・アプリが落ちる

・急に再起動する

・読み込みが遅い

 

などの現象がおきます。

 

これはバッテリー性能のせいなので

バッテリーを交換しましょう。

 

もしくは

iPhoneを交換しましょう。

 

根本的な原因がバッテリーの問題なので

変えるしかないんです。

 

だから困ったらバッテリーを変えましょう♪

困ったらバッテリー交換がオススメ♪

いかがでしたでしょうか?

 

困ったらバッテリー交換がオススメです。

 

おかしくなったなぁ、と思ったら

交換の時間です。

 

機種にもよりますが、

5000円ぐらいで交換出来ますよ。

 

あまりにも困ったら、

交換がオススメです♪

 

交換のススメでした♪

ここまで読んでくれてありがとうございました☺️

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました