①チラシの激安スペックに騙されないための初心者へのCPU講座。

PC

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

初心者向け、チラシのスペックに騙されないためのCPU講座。

「メモリってなんだろう?CPUってなんだろう?HDDってなんだろう?」

調べたいけどめんどくさいしなー」

てあなたは思ったことがありませんか?

 

今はスマホを使っててもCPU メモリという言葉がバンバン出てきます。

でもそれでも、おそらく

ちゃんとわかって使用している人は少ないのではないでしょうか?

 

「ま、いっか。買っちゃえ〜みんな買ってるし!」

みたいな感じ。

 

でもそれだとせっかく買ったはいいけど、

急に止まったり、急に発熱したり、保存容量がまぁ少なくて使い物にならなかったり…

そんなことが起こりえます。

 

というか、メルカリや、激安パソコンをよく知らずに買う人は

そういうことがバンバン起きています。

 

自分の身は自分の知識で守りましょう。

 

ということで

明日を生きるあなたへ!

スペックや激安チラシに騙されないための

HDD、CPU、メモリ講座を開きます♪

初心者大歓迎!わかりやすく伝えます!

 

今回はあなたのために、

メモリってなんだろう?CPUってなんだろう?HDDってなんだろう?

ということについてバッチリ解説させていただきます。

 

出来るだけ専門用語を使わずに、簡単に説明します!

図も入れますが、手書きです笑

ちょっと許してください…笑

長くなったのでCPU編だけ今回お伝えします。

まずは算数をイメージしてください。脳みそ、机….

これからよく使われる例えを使って解説していきます。

はい、まずは勉強をイメージしてください。

ふつーの勉強です。

 

じゃあ、小学校の算数の勉強でいいです。

イスに座って、机に向かう的な。

ふつーの算数の勉強。

 

算数に必要なのは

机とペンと教科書ですね。

あと忘れがちですが、頭。=脳みそ

これを忘れてはいけません。

 

そしてこの

机と脳みそ

について覚えれば

PCにおける

メモリとCPUとHDDというのは解説できます。

 

今回長くなってしまったので、CPUについてだけお伝えします。

長くなってしまったので頑張ってついてきてください!^^;

①CPUの性能はコア数 x Ghz数で決まる! Ghz数とは?

タイトルで「うぇえ….」となった人。

ほんと、もう少しだけ付き合って下さい^^;

出来るだけわかりやすく解説しますので!

 

まず、パソコンにおいてよく聞く

CPUとは脳のことです。

 

もう少し細かくお伝えすると

脳の計算する部分、つまり左脳の部分がCPUに当たります。

左脳って脳みそでいうと

計算能力や論理的能力を司る場所と言われています。

つまり、簡単に言うと、計算する時に使う場所なんです。

 

実はパソコンって背後でプログラムがめちゃくちゃ動いているんですよ。

こうしてブログを書いているのだってプログラムが動いているおかげです。

そのプログラムを動かしているのがCPUなわけです。

 

ともかく

CPU=左脳=プログラム計算をする場所

と思っていただければそれでいいです。

 

ところで

左脳って脳でいうと算数をする時に使うところですね。

 

具体的には

1+5+8+4=?

みたいな問題の時に左頭を使っています。

 

これが頭のいい人だと1秒で出来たりします!

パソコンでも同じです。頭がいいと一瞬です。

 

1245553676 x 5796543265=?

みたいな超むずい問題でもCPUの性能が高いと

一瞬でヒュン…

て出来るんです。

 

何が言いたいかってつまり、

CPUの能力が高いと頭がいいのです!

とにかく、すぐに計算できます。それは頭がいいからなんです。

 

この頭の良さを表す単位はCPUでは

Ghzという周波数の単位で表されます。

クロック数とか周波数と呼ばれるのが普通ですが、

今回はGhz数というわかりやすい?単位でお伝えします。

 

そう、つまり

Ghz数が多ければ頭はいいんです….

 

と言いたいところですが、でもちょっと待ってください。

これだけで決めるのは早いです。

なぜならコア数が肝心になってくるからです。

 

コア数については続きに!ここまで読んだあなたは偉い!

もうちょっとだけ頑張ろう!

②CPUの性能はコア数 x Ghz数で決まる! コア数とは?

オロチ

続きを読んでくれて、ありがとうございます(T_T)

お礼に

コア数についてこれからご説明しますね。

 

1+5+8+4=?

1+6+4+9=?

という問題は一人では一瞬では出来ませんよね?

時間をかければ出来るかもしれませんが、

出来れば

2人で2つ脳を使って同時並行出来たほうがいいですね。

というか、そっちのが早く解けますよね?

 

つまり

頭が二個合ったほうが計算早くていいですよね。

だって2つの計算が一度で出来るんですもん。

 

もう、脳が2つあったほうが、早く計算できるに決まっています。

 

じゃあ頭が

3つだったらどうでしょう?

当たり前ですが、より早く計算できますよね。

 

そう、考えてみるとキングギドラって頭いいとめっちゃ便利ですね。

頭3つですもん♪

キングギドラ

 

全く同じ話がCPUにも当てはまります。

そう、頭の数が多いほうが頭はいいんです。

 

そして、今どきのCPUは頭の数がいくつものが大半です。

4つとか8ことか10個とかあります。

もう頭8個とか想像するだけで化け物ですねw

オロチ

(パズドラの8つ頭のオロチから)

 

このCPUの頭の数のことを

コア数と言います。

 

コア数の表記は

1=シングル 2=デュオ 3=トリオ 

4=クアッド 6=ヘキサ 8=オクタ

など業界用語のような特殊な呼び方がされます。

 

音楽でデュオとかトリオとかって聞きません?

ちょっと呼ばれ方になんとなく馴染みがあるはずです。

 

4以降はきっとわからんので覚えたほうがいいです。

え、覚え方はって?

いや、気合で。笑

「クアッド4…ヘキサ6…」って何度も言いながら

覚えたらいいんじゃないでしょうか。

あ、8の覚え方はオクトパスから!タコの足が8本で笑

 

もう少し説明しますと、

例えば、コア数4のCPU クアッドコアの例を出すと

中身はこんな感じになっています。

 

実際のCPUはこんな感じのチップです。

CPU

 

ところで、あの手書きの絵を見てお気づきでしょうか。

CPUを4等分にしても、1つのコアの力は4分の1じゃないんです。

こうならないんですよ。

人間の脳みそで例えてお話をすると

人間は1つの脳みそで同じ作業を同時に4つするわけですから、

4つ作業すると、4倍疲弊します。

 

でも、CPUの世界では

脳みそが4分割されないんです。

つまり、脳みそが脳内に4つある

と思っていただければいいです。

 

なので、単純にシングルコアと比べたら、

クアッドコアって処理の速さは4倍速なんです。

 

まぁ脳が4つにコピーされて同時に処理している

と思ってもいいです。

 

よってCPUの性能は

コア数とGhz数が高いものが性能が高いです。

どちらかが少なくても駄目です。両方高いのが性能が高いのです。

 

よくある海外のスマホで

ヘキサコア!とかオクタコア!とかの謳い文句で

で売っているものを見かけますが、

これは、Ghz数が少ない物が多いです。

Ghz数を減らすことにより、安く提供できている部分もあるんしょうね。

 

それに比べると日本のandroidスマホのCPUは概ね優秀です。

8個とかついていて2.5Ghzを超える、とかですからね。

(発熱とかバッテリー持ちとかの問題はまた別ですが。)

 

参考までにXperia1という最新機種のCPUを例に挙げます。

Xperia 1(エクスペリア ワン) | 仕様 | ソニーモバイル公式サイト
最新モデル Xperia 1(エクスペリア ワン)の仕様を紹介。

2.8GHz×1コア+2.4GHz×3コア+1.7GHz×4コア オクタコア

ね?優秀でしょ?

CPUだけ見たら、一昔前のPCより優秀だと思いますよ。

 

とにかく

コア数 x Ghz数

でCPUの性能は決まるのです。

スマホもPCも同じ。

 

どちらが欠けていても駄目です。

両方に着目して下さいね♪

そうすれば、騙されませんので!

終わりに….心からの感謝を!!!!!!!

最後まで読んでくれた、あなた

間違いなく、とても偉いです!!!!!!!

 

だってこんなめんどくさいの知りたくない!

て思う人が大半ですもん。

 

それを最後まで読んでくれるなんて…もう、

感謝感激です!!!!!(T_T)

 

絶対めんどくせーて思う人が大半ですから。(文長いしw)

ここまで読んでいただければもうCPU編は終了です!

 

これでCPUについては概ねわかりましたね!

あとはメモリHDDさえ分かれば

パソコンの性能についてはバッチリなんです!

 

もうちょっと加えてお伝えすると…

 

意図的に省電力のためモバイルノートとかで

周波数が下げられているものもありますが、

それは

そんなもんか。

と諦めてください。笑

 

PCの設定で上手く省電力出来るように出来ていますので、

省電力性が売りにした、PCメーカーの策略と思って下さい。笑

ああいうのは長くバッテリーが持つ!というのが売りなんです。

 

ちょっと長くなりましたね^^;

CPUの性能は

・コア数 x Ghz数で決まる!

とだけ思っていただければいいですよ。♪

本当にありがとうございました!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました