[画像有]あなたの古ーいスマホを超安く車の燃費計に変身!OBD Dr. 燃費博士のすすめ。

android

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

車に燃費計=スマホをお安く、お手軽に取り付けてみませんか?

家に使い古したスマホ、持っていませんか?

それってまだまだ使えますよ。燃費計としてね。眠らせるのがちゅっともったいないです。

古くても大丈夫です。私の現役で使っている燃費計用のスマホも古いので笑

燃費計てグレードの低い車だとついてないんですよね。後付すると2万3万したりするからつけんのま。いっか!てなっちゃうことが多いです。

しかし、今回は普通につけるよりも遥かに安く、簡単に、燃費計を取り付けていきます!

更に燃費計だけでなく、スピードメーター、平均燃費、今回走行距離数など様々な情報を見ることが出来ます。

今回はスマホを車に取り付け、燃費メーターとして利用する方法をお伝えしていきます。

準備するもの。たったの3つ。

準備するものは簡単です。3点です。

  • スマホ(出来ればandroidが望ましい。)
  • スタンド(100均一のでOK。ダイソーで買いました。)
  • ELM327 OBD2スキャンツール(以下、OBDアダプター 1000円ぐらいでamazonで売ってる)

上2つは簡単ですね。割とそのままです。

・スマホ

私はこちらのandroidのボロボロのタフネスケータイをメルカリで1000円で買いました笑 2014年発売で1000円なら格安だなぁと思ったからです。♪ ボロの格安でもバンバン動いています。

超ゴリマッチョ笑

android

スマホスタンド、ホルダー

スタンドに関しては

100均の安いホルダーでいいと思います。固定してスマホの画面をこちらに向けるためだけなので。

基本的に吸着式になっているはずなので買ってください。私はダイソーで100円で買いました。

ELM327 OBD2スキャンツール=OBDⅡアダプター

見慣れないのは一番下です。このOBDⅡアダプター。

具体的にはこちらになります。

こちら車についている、OBDという端子に刺して、車の情報をスマホで見ることの出来るアダプタです。

情報としては、スピードメーター、燃費計、車のエラーコードなどを見ることが出来ます。

こちらはandroidだとbluetooth版かwifi版、iosだとwifi版を使うことになります。システムの問題でbluetooth版はios版では使えませんのでご注意を。

androidならbluetooth版が個人的にはおすすめです。wifi版も一度買ってみたのですが、ちょっとつなげるのが面倒だったのですぐにぱっと繋がるbluetoothのほうが◎。

正直私もこのobdⅡていうのはよくわかってないですが、全然大した知識なくても使えています。

なんか車のエラーランプが出た時に読み取り機を車屋さんが挿すためのコネクタらしいですが。

スマホにOBD Dr.燃費博士の導入。

それでは導入編です。

まずスマホに OBD Dr. 燃費博士を導入しましょう。(以後燃費博士)

こちらからどうぞ。完全無料です。(課金しないと広告が出ますけど気になるレベルではありません)リンクを開いて、androidの方はFREE!というところからインストール。

iosの方はapp storeから燃費博士と入力してインストール。

そのまま、ぽちぽちといつもの通りばok.

とりあえずアプリを開かなくてもいいです。次は車にOBDアダプタの取り付けに行きましょう。

車にOBDアダプタをつけよう。

車まで移動し、OBDアダプターを挿します。

挿す場所は車によって違うようです。また対応していない車もあるそうです。

ちょっと文字がちっちゃいのですが、愛車が対応しているのかはこちらからご確認ください。

私の愛車は燃費が命、第三のエコカーに恥じないダイハツ ミライースです。こちらで例を示します。

アダプタを実際に指す場所は、探したらすぐに見つかりました。

この先の

左下の

白いところですね。ここにブスッと行きましょう。ブスっと。私のは既に分岐ケーブルがささってるので黒いです笑

つけると、アダプタがなんかピカピカ発光するはずです。電気が通ってるんですね〜

これで取り付け完了。

スマホをスタンドに設置して、起動!

スタンドをダッシュボード辺りに邪魔にもならず見やすい位置に設置します…

私はこの辺です。この視界に入って前の邪魔にもならない絶妙な位置。

 

さて、あと取り付けた後は、アプリを起動した状態でエンジンをかけるとバーが右にいき、

OBDアダプタを選ぶ画面が出るので選択。

初回起動時のみ、通信方式を選ぶ必要があるかもしれません。

こちらから確認してください。(ダイハツ ミライースは物理アドレスは0でした。)

そしてグイーンと白いバーが右に行き…

出ました!燃費メーターです!

あとはアクセルを踏めばメーターが上下しますので、もうすることはありません。

この、アイコンのサイズや仕様は設定で変えることが出来ます。

設定を変えれば、

電源ONにて自動起動、電源OFFにて自動OFF、アイコンのサイズ変更、情報の追加などが出来ます。

燃費博士を導入していいこと、楽しいこと。

燃費博士を導入していいこと、楽しいことをまとめていきます。

今回燃費代表示

特に私が気に入っているのは今回燃費代の表示。

これが結構便利なんですよ。これ自分の走りがいくらの値段かわかって面白いんですよ。タクシーみたいでね。☺

燃費が悪くなればお値段が高くなるし、良くなれば安くなります◎

車の運転の仕方が変わることによる、平均燃費の向上。

これもまた楽しい。意地でも平均燃費を上げてやるーという間違っている熱い気持ちで運転をしています。

意地が強すぎて短い距離を走ること、急ブレーキ、急アクセルをすることをやめました笑

結果、私のミライースは29km/l走っております。

140円ほどでそれだけ走る!ということが明記されています。めちゃくちゃエコに協力しています。

燃費計をとっても簡単に導入して愛車で楽しいドライブを!

どうです、簡単そうじゃありません?大したものはいりません。

今回は1000円ちょっとで燃費計を導入しました。それからダイソーでスタンドを買います。

出費はそのぐらいです。よって、何らかのもし失敗してもデメリットが少ない。

私は燃費計を導入して3ヶ月経ちますが、全く問題なく動いています。

そして、導入する前よりの約10倍、楽しく運転することが出来ています。

楽しいんですよ、この燃費を良くするていう行為が。単純に、自分が上手にドライブすれば減るのでね。下手なら下がるだけです。

ぜひ燃費博士を導入してドライブを楽しんでくださいね。(*´ω`*)

てでけんでした!

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました