初心者でもできる!激安で買ったPCをもっと速くする方法!

メモリ PC

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

あなたのPCはもっと速く快適になるかもしれない。

PCが遅いなぁ、なんでこんなに遅いんだよーていう時ありませんか?すぐにクルクルするし、まともに終了も出来やしない…みたいな時ありません?

今回は前回よりも、もっと簡単にPCを高速化する方法を伝えていこうと思います。

前回と比べればめっちゃ簡単です。PCの知識もほぼいりません。

今回の方法は安く買ったような、安価PCに効果あるはずです。(搭載メモリが4GBモデルが多いはずなので。)

分解必須になりますが、極々簡単な分解です。おそらく簡単なプラモデルを作れるぐらいの能力がある人なら簡単にできるはずです。

それでは行ってみましょう!

あなたのメモリは何GB?4GBの方は要チェック。そもそもメモリとは何か?

見出しの通りです。

まずはあなたのPCのメモリをチェックしましょう。メモリが4GB以下なら高速化の可能性大です。

聞きなれない方もいると思いますがメモリとは要はパソコンにおけるプログラムの作業スペースみたいなものです。

よく例えられるのが、勉強をする際、メモリは作業机、HDDは脳と例えれます。

だいぶイメージが湧いたのではないでしょうか?

もう少し例を加えると英語の勉強をする際、メモリが広い(机が広い)の時って右手にノート、左手に教科書、余ったスペースに辞書を置くことが出来ますよね?

この机が教科書、ノートしか置けないぐらいサイズだとどうでしょう?

床に辞書を置いて、いちいち床に手を伸ばさないといけない。

つまり、作業の切り替えが非常に面倒(プログラムの切り替えに時間がかかる) & 机に物を置けない(プログラムをたくさん開けない) ということです。

お分かりでしょうか?

一言で言うと メモリが小さいと、たくさんのプログラム(アプリ)を開けない & プログラム(アプリ)の切り替えの時間がかかるためPCの全般の速度が遅くなる。

ということです。なので基本的にメモリは大きいに越したことはないんです!

特に最近流行りの64bit PCでのwindows 7 or 10の最低現必要メモリ容量4GBと言われています。

あくまで最低限です。そして、この4GBという数値はGoogle Chromeでも使えばすぐに圧迫されてしますでしょう。

また、最近のPCの性能の進歩は目まぐるしいので高いメモリ容量を要求される傾向にあります。

私としては最低限安定してPCを動かすなら8GBは必要と思っています。

ネットで動画を見て、ワードで文章を売って、itunesで音楽を聴いてーとなるとそのぐらいはいるかなぁと思っています。

なお、安いセールで電気屋さんなどで売っているPCは4GBなことが多いです。ちょっと非力だなぁという印象をいつも受けます。

メモリのチェック方法。

自分のメモリは何GB?と気になった方は、簡単なので是非調べてみましょう。

windows 10 ならwindowsキーを押しながらXボタンを押す→バージョン情報→メモリの表記があります。

windows 7 ならスタート→コンピュータを右クリック→表示されたウィンドウの下の方にメモリの表記があります。

ここが4GBなら変えてしまいましょう!もっと快適になれますよ。そしてさほど難しい知識はいりません。

メモリの交換方法 〜メモリの準備段階 メモリについて〜

いよいよメモリを交換しましょうという前に!

まずはメモリを準備しましょう!

メモリはいろいろな種類があります。

大きく分けて

デスクトップ用(大)、ノート用(小)と分けられます。

さらにそこからDDR1~4と1バージョンが分けられますが、実際にメモリの型番さえ見ればそこまで気にすることはありません。。メモリを見ればどのメモリが自分のPCに合うのかわかるので。

なので一度PCを分解してみて実際にメモリを見てみましょう!

PCを分解してメモリを交換!

いよいよ分解です!でも難しくはないので落ち着いてやれば大丈夫。

大まかに作業工程を書きます。

1、カバーを開ける 2、メモリを交換する。 以上2行程!笑

多くのデスクトップPCなら本体の横のネジを緩めて板を引き抜きましょう。

おそらくメモリが刺さっているのが見えるはずです。

このメモリの両端にレバーみたいなものがあるので一斉に押してみてください、グイッとメモリが出てくるはずです。あとはこれを引き抜けばメモリが見れます。

引き抜くときは出来るだけメモリの端をつまむように持つことを心がけましょう。

ノートPCなら基本的には裏側の四角い部分にあることが多いです。

参考までに私のノートPCのメモリ載せます。ノートなので小さいです。

ここで見て欲しいのは、この赤線で書いてある PC3-10600という表記です。また、左側に2GBという表記もありますね。これでメモリの容量も書いてあります。

これと同じ型番で容量の大きいものを検索してamazonなり、楽天なり、ヤフオクなりで入手しましょう!そしてまた元どおりに刺して交換終了です。簡単でしょう?

ちなみに刺すときの注意点は両端のレバーが開いているのを確認してからグイッと押す。

すると自然にレバーが閉まるはずなので閉まるのを確認してください。

参考までにamazonで同じモデルを探してみます。

メモリ PC3 106001 と検索するとすぐに出ます。こんな感じですね。ノート用なのでこの中の小さいのを買いましょう。

https://www.amazon.co.jp/s?k=pc3+10600+メモリ&__mk_ja_JP=カタカナ&ref=nb_sb_noss

基本的にPCは2枚刺せることが多いので4GBx2枚を買うといいでしょう。

メモリを交換は簡単です。大丈夫!

ここまでご覧になって難しそう?と思われた方いらっしゃいますでしょうか?

もし不安でしたら、出来れば古い使っていないPCを分解して練習してみるのがいいと思います。

ハードオフで売っている1000円以下のジャンクPCを買ってみてもいいと思います。

そして、パーツが壊れないように優しくメモリを挿し出しする、ということを意識すれば最悪でも壊れることはないと思います。

それで壊れることがあっても古いやつなら大丈夫笑 1度壊せばきっと2度は壊しませんよ☺️

メモリ交換して、あなたのPCがより速く動き、より快適になることを願っております。

以上、てでけんでした!

 

コメント

  1. […] こちらやこちらも是非ご参照ください。 […]

  2. […] こちらやこちらも是非ご参照ください。 […]

  3. […] こちらやこちらも是非ご参照ください。 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました